リアルタイム4D超音波

リアルタイム4D超音波

超音波診断とは?

超音波診断は、人間の可聴範囲をはるかに超える高周波音波を利用して体内組織を視覚化する技法です。
プローブと呼ばれる小型装置から体内に超音波を送り、体内組織から反射させます。反射した音波(エコー)は、同じプローブに戻され、接続された電子装置でこのエコーを内部組織の画像に変換します。
心臓や血管の検査では、画像とともに血流のドプラ波形や音も出力されます。

超音波は安全か?

超音波診断は、25年以上も使用されています。アメリカ超音波医学協会は、超音波の臨床的安全性について次のような声明を出しています。
「現在の診断装置で一般的に使用する強度では、被検者やオペレータに対する超音波照射の生体上の影響は確認されていない。将来、生体上の影響が判定される可能性はあるが、現在のデータでは、超音波診断の慎重な使用による利益が潜在的な危険を上回っている。」
しかしながら、性能の優れた装置の使用による最小の音響パワーと最短の診断時間により、リスクがさらに小さくなることももちろん忘れてはなりません。

リアルタイム4D超音波

当院の超音波「VOLUSON E8」の主な特長 〜ふつうの3D超音波ではないリアルタイム4D超音波〜

Premium 3D/4D超音波画像診断装置

より一層の進化を遂げ続けること。
それは、GE Healthcareが、自らに課した使命です。
そして2007年、Volume Ultrasoundの開拓者であるVolusonが、また一歩、大きな進化を遂げました。
これまでにない全く新しいプラットフォームの採用、最上級の基本画像と3D/4D性能のさらなる向上、RAW Data、B-Flow、AMAプローブなどの最先端技術の応用、ユーザーの声から生まれた新たなデザイン、さらに、STICを使った胎児心臓の基準断面自動表示機能であるSonoVCADの搭載…。
Women's Healthcare向け超音波診断装置として、世界中から高い評価を頂いているVolusonシリーズの最高峰、Voluson E8。いよいよ日本上陸です

胎児の成長過程動画【サンプル】をみる

20週目

28週目

29週目

30週目

37週目

37週目 No.2

※ムービーをご覧いただくには、Windows Media PlayerQuickTime Player などが必要です。